雨に濡れた、約束の土地で その3

B-BOY PARKの代々木のステージは、
2002年にREVOLUTIONクルーというくくりで、
2003年、2004年にHIBIKI名義でLIVEをさせてもらった。

B-BOY PARKのMCバトルで知り合った連中との音源がREVOLUTIONで、イベントも渋谷ファミリーで一年やった。自身のオーガナイズイベントではほんっとーに、みんなに迷惑かけっぱなしだったけど、いい思い出しかないよね。DJ BUNKENありがとう。

さらに、仲良くつるんだ連中とはCUT-B PROJECTとなり、その名義で2003年のコンピと、ICE BAHNの1stアルバムに客演させてもらった。

2004年にはCUT-B PROJECTでもどこかの枠で一曲やっている。コンピで音源が知れ渡っているからだと思うけど、あのイントロ流れたときの代々木公園の人垣がステージに寄ってくる残像は、忘れられないよね。

そこから、
自分はぱたっと、B-BOY PARKとの距離を置いてしまうわけだが、それはB-BOY PARKとというよりもHIPHOPとというよりかは、満足のいく活動ができなかったからなのだがとにかくそういった期間に突入した。でもB-BOY PARKの活躍はそこそこその世代では効いていて、のちにキングレコードの人と仕事するときには、だいぶ名が売れていたことで助けられた。

そんな時でも、だ。
CUT-B PROJECTの仲間でもあったYOUTH(YOWTH)がUMBで放ったライン「B-BOY PARKの生き残り、見せるぜ地方の意地誇り」には、影ながら感動していたよね。このラインは、泣くわ。地方出身者であり、B-BOY PARKに生を授かっているものにしかわっかんねーだろうな、と勝手に解釈していた。そのことはユース本人とは喋ってもいないんだけど。

そして2010年かな、
B-BOY PARKのU20のMCバトルの審査員をした。
予選限定ではあったけど、
ICE BAHNの玉露、晋平太、そして俺HIBIKIと三人で
同窓会的に審査員をさせてもらった。

そんなB-BOY PARK。
20周年にして、今夏で最後っていうから、
こりゃ、
すべてのビーボーイは集合するしかないよな。

http://www.bboypark.com/

Continue Reading 「続きを読む」